需要が高い

スカイツリーが見える景色

東京都に住む人々の特徴を一言で言い表すとすれば、多様性になるでしょう。
全国から人が集まる場所ですし、色々な国からも渡日してくる人々が住んでいます。
会社なども、多国籍企業と呼ばれるような企業はほとんどが東京に拠点を置いていることから、仕事に対する考え方も多様な人々が集まりやすい土壌があります。
仕事の種類そのものも多いため、その分価値観の異なる人が住む都市になります。
よく、東京の人は冷たい、と表現されることがありますが、それは異なる価値観を持った人と、人口密度の高い場所で居住している以上、トラブルを避ける為にはある意味止むを得ないとも言えます。
挨拶程度に留めておけば、価値観や国籍が異なっていて、あまり付き合いに時間を掛けられなくても問題が起きにくいからです。

東京に住む人々には多様な人がいて、特に若い世代では他県や他国から転入してきている人も沢山います。
その一方で、下町と呼ばれる地域を中心に、昔から住んできた人たちも数多くいます。
東京の良さの一つは、昔から住んでいる人々も、他の地方から転入してくる人が多くて慣れていることから、妙な排他性を感じさせない点です。
自分たちの暮らし方と異なっている外国人が隣に住んでいても、干渉しない心の広さが他の地方よりみられる傾向があります。
これを別の角度からみれば、親しく付き合わない、冷たい、ということにもなるのかもしれませんが、人の多い地域でたまたま近所に引っ越してきたからといって誰とでも深い付き合いをする時間もないのも確かです。
加えて、加減を見ながら付き合いを深めていくことで、互いのプライバシーを尊重する習慣が、集合住宅などが非常に多い東京では必要なのかもしれません。